FC2ブログ
オンラインTCG『一姫当千』製作日記
TCG大好きな人達が作ったオンラインTCG 『一姫当千』の製作日記です. なま暖かい視線で見守ってあげてください.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

愚かな提案があるのだがどうだろう

書いた人:EHガッチャ


 今日はスリヴァープリンセスの話をしてみます.

スリヴァー・プリンセスは当初,以下のような能力でした.
----------------------------------------------------
【シスター】
場のシスターキャラは以下の能力を得る。
●[戦闘開始時]…『ATK+2』を得る。
----------------------------------------------------
 このように,シスター達は,どれだけ離れていても能力を共有する,そのまんまMTGのスリヴァー(DM的にはサバイバー)能力でした.
しかし,キャラの位置関係と関係なく能力共有をするのは『一姫当千』っぽくない!!折角マップを使っているのだから,キャラの位置関係を考慮したメカニズムを付加したい!!!
ってことで,シスター能力の変更案を考えてみました.

変更後の能力


 全てのシスターが能力を共有するのではなく,「連結」しているシスターだけが能力を共有できる形なります.


連結とは!?
 下の図のように「キャラとキャラが繋がっている状態」「連結」と定義します.

これが連結だ!

図1.連結状態のカード

 上の図.1の場合,全てのシスターは能力を共有することが出来ます。
逆に連結していない,下の図.2の状態の場合,シスターは能力を共有することが出来ません.

ダメ連結

図2.連結してないカード





 こんな感じにシスターの仕様を変更しよう!
っと考えているのですが,どうだろう?(話し相手になりたい!)
使い方を難しくする代わりに,カードパワー強めの設定にしようかと思うんやけど.
 まぁ試しにプレイしてみて,楽しい方を採用!したらいいと思うので,オンライン実装する前にオフラインでテストプレイしてみましょい!
スポンサーサイト
【2007/02/21 21:15】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(4)
<<2ターン目に殴る方法 | ホーム | 新しいカードでデッキを組む!>>

コメント

さりげなく楽しい名前がついてるし(笑)。
正直、離れたところからの強化はヤバいかも
と思ったりしたので、
(特に破壊力をつける亞里亞あたりが)
連結の方がいいのかもしれんね。
まぁ、また試してみましょい。
【2007/02/22 00:25】 URL | 未来使い #L1tuiEsk[ 編集]
 たぶん,考え形的にはコッチの方が面白い!と思うのだけど,
個人的には,どれくらい能力共有の見落としがあるか?が気になるトコロです.
(連結しているのに忘れた!とか,連結してないのに能力を共有したりとか)
後,考える量が増えて面倒になったりしないか?とか.
【2007/02/22 04:15】 URL | EHガッチャ #-[ 編集]
スリプリは場に出ても5人だと思うんですよ(やばい奴はまっさきにつぶされるだろうし)、一人一人も軽いわけじゃないから一気には出てこないし一人づつだと戦線を維持できなさそう。
どれだけ早く3人以上連結されるかが課題。
それとは別に連結にしちゃうと左右に相手のキャラが散ったときに対応しにくいんじゃないかな?
後サンホラ好きです。(ロマンでは見えざる腕、一番すきなのはエルの天秤)
【2007/02/22 13:34】 URL | ディカル #-[ 編集]
スリプリ>
 今度,印刷したカードで実際にテストしてみるので,
そのアタリのことも意識してテストしてみますね.

サンホラ>
 僕もRomanでは「見えざる腕」が好きです.
全部ひっくるめると・・「聖戦と薔薇騎士」が好きです.
「ゲーフェンバウァーだっ!!」
【2007/02/26 07:52】 URL | EHガッチャ #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

カズキ団

Author:カズキ団

オリジナルオンラインTCG
『一姫当千』のHPはコチラ


Web拍手を送信!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。